ピルと性行為

ピルに含まれる卵胞ホルモンには白髪抑制効果

ピルには大きく分けてエストロゲンとよばれる卵胞ホルモンと、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの二つが含まれています。
これらのホルモンはどちらも女性の体の中で自然に分泌されるホルモンなのですが、ホルモンバランスはちょっとしたことでたやすくバランスを崩してしまう存在にもなっています。
特に卵胞ホルモンのバランスが崩れたということになってしまうとさまざまな症状が出ることになってきますが、その中にはひとつ、とても分かりやすいものがあります。
それが「白髪」という症状なのです。
通常、白髪はある程度年齢を重ねていけばだれにでも出てくるものです。
しかしこれは「年齢を重ねたから髪の毛が白くなった」というのではなく「年齢を重ねて毛髪が育つだけの力が無くなったから髪の毛が白くなった」ということにほかなりません。
そして女性の体ということで言えば卵胞ホルモンも、その毛髪を育て、白髪を防ぐ力の源になっているのです。
そのためピルで卵胞ホルモンを補充すると、若くして白髪が生えてしまっているというような人の髪の毛を正常なものに戻せる可能性があるのです。
ただしかし、やはりピルというのはホルモンバランスを変化させる効果しかないということは注意が必要です。
白髪はさまざまなことが原因となって引き起こされる物ですから、その中にはホルモンバランス以外の原因も存在しています。
たとえば高血圧で髪の毛まで必要なだけの栄養素が届いていないというような場合や、そもそも老化によって新陳代謝に支障が出ているというのであれば、ピルだけで白髪改善をするのは難しいと言えるでしょう。
そのためこうした効果はあくまでも副次的な効果として考え、主な効果として白髪改善を期待するのであれば、その専門分野の薬などを利用することをお勧めします。