ピルと性行為

ピルとアロマセラピーの普及率と効果

ピルは避妊目的で普及率も上がってきています。開発はアメリカで、すでに1960年代の話です。世界中の女性に使用された避妊薬であり、日本においては1999年に許可されたものです。避妊はコンドームなどがメインであったのが、今ではピルを女性が積極的に使うことで、より高い確率の避妊への取り組みが実現しています。

避妊とアロマテラピーとの関係性について考えてみます。アロマセラピーは日本においても、普及率が高いものです。しかし、直接的には避妊とは関係はありません。ピルの服用をする女性は増えましたが避妊のためのアロマセラピーの普及率というのは、耳にする話ではありません。

アロマセラピーの精油を口にしたからといって、避妊ができるわけではありません。室内での方向を楽しむのには、何も問題がありません。心へのリラックス効果だってあります。エストロゲンに作用する精油があったとしても、それはかなり弱い効果のはずです。避妊用のゴムに精油を塗布するのもいけません。植物油でできたラテックスのゴムは、精油によってもろくて弱くなります。

精油はフランスでは、医師によって処方されます。しかし医学の知識がない人がオイルで、病気を治そうとしたり、避妊に使おうとしても、うまくはいかないでしょう。そもそも、どういった効能や効果で、それを引き出すにはどうしたらよいかの、高い知識がなければなりません。基本的には、避妊目的に使用しても、期待の効果は得られないことを知っておくべきです。

アロマセラピーは、使う精油により、期待できる効果も違ってきます。ラベンダーなどの香りは代表的で、鎮静作用や、緊張をほぐす作用も期待ができます。心とカラダのリラックスに使用するなら、アロマセラピーはピッタリです。